ここから本文です

グロージャン10位「アクシデントがなければもっと上位だったのに」:ハース F1スペインGP日曜

5/15(月) 12:44配信

オートスポーツweb

 2017年F1スペインGP決勝で、ハースF1のロマン・グロージャンは10位だった。

F1最新フォトコーナー

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=10位
 1点でもポイントが獲れたのは、チームにとって良いことだが、ケビン(・マグヌッセン)がパンクで9位を失ったのは何とも気の毒だった。

 僕はいいスタートを切り、ターン1からターン2へ入っていくと、そこで何台ものマシンがスピンしていた。僕は彼らを避けるために、アストロターフ(人工芝)の上に逃げなければならなかった。あれがなければ(ニコ・)ヒュルケンベルグのすぐ後ろか、あるいは彼の前にいたはずで、レースはずいぶん違ったものになっただろう。

 ソフトタイヤでのペースは良かったものの、いつもトラフィックの中を走らされた。ミディアムに交換してからは、タイヤを機能させられなくて、ひどい苦戦を強いられた。

 まだできることはたくさんある。クルマの状態も昨日よりは今日の方が良かったとはいえ、もっと上位を走るにはさらなるハードワークが必要だ。   

[オートスポーツweb ]