ここから本文です

田辺市内のロケ地を紹介 映画「ポエトリーエンジェル」

5/15(月) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県の田辺・弁慶映画祭実行委員会は、田辺市内で撮影した映画「ポエトリーエンジェル」の劇場公開に合わせ、ロケ地を紹介したチラシを1万5千部作った。実行委は「見慣れた風景を物語の中で楽しんで」と呼び掛けている。

 作品は昨年、同映画祭の第10回開催を記念して実行委が企画、制作支援した。昨夏、上芳養の梅畑や天神崎、田辺駅前商店街などで撮影した。

 物語は2人がオリジナルの詩をステージ上で朗読し、どちらが聞き手の心に届くかを競う「詩のボクシング」を題材に、さえない梅農家の青年と言葉を円滑に話せない少女の成長を描いている。

 チラシでは、映画の一場面と撮影の裏話とともにロケ地を紹介。飯塚俊光監督、主演の岡山天音さんや武田玲奈さんのコメントなども掲載している。公民館や観光センターなど市内の公共施設、映画館などで配布する。

 上映は田辺市稲成町のジストシネマ田辺が20日から、和歌山市のジストシネマ和歌山は7月1日から。チラシ持参で一般は300円、中高生は500円の割引がある。

 その他、東京、大阪、京都、兵庫、広島、神奈川、北海道での上映が決まっている。

 問い合わせは田辺市観光振興課内の田辺・弁慶映画祭実行委員会事務局(0739・26・9929)へ。

最終更新:5/15(月) 17:00
紀伊民報