ここから本文です

地元作家の思い知る 小松美術展で作品解説

5/15(月) 1:50配信

北國新聞社

 小松市のサイエンスヒルズこまつで開催中の第57回小松美術展「こまつの美」(小松美術作家協会、北國新聞社主催)は14日、出品作家による作品解説が行われ、来場者は作品に込められた地元作家の思いに聞き入った。

 作品解説は日本画、洋画、彫刻、写真で行われ、洋画の西田洋一郎さんは具象画と抽象画の違いなどを説明した。

 会場には日本画、洋画、工芸、彫刻、書、写真の6部門に寄せられた秀作97点が並ぶ。入札展も同時開催されている。入場料は一般500円、高校生以下無料となる。16日まで。

北國新聞社

最終更新:5/15(月) 1:50
北國新聞社