ここから本文です

ユーヴェの6連覇決定は次節以降に持ち越し…ローマが直接対決で意地の逆転勝利

5/15(月) 5:42配信

SOCCER KING

 セリエA第36節が14日に行われ、ローマとユヴェントスが対戦した。

 勝ち点78で2位のローマが、同85で首位のユヴェントスをホームに迎えての直接対決。ユヴェントスは引き分け以上なら2試合を残して史上初のリーグ6連覇が決定する。一方、ローマが勝った場合は両者の差が4ポイントに縮まり、逆転優勝に望みがつながる。

 最初にチャンスを作ったのはユヴェントス。7分、左CKの流れからペナルティエリア手前左でパスを受けたクワドォー・アサモアが左足を振り抜く。しかし、強烈なシュートは惜しくも左ポストを叩いた。

 試合が動いたのは21分。ステファノ・ストゥラーロがエリア内右に正確なロングボールを送ると、抜け出したゴンサロ・イグアインが右足ダイレクトでゴール前にラストパス。最後はマリオ・レミナが流し込み、ユヴェントスが先制に成功した。

 だが、ローマもすぐに反撃する。25分、右CKにコスタス・マノラスが頭で合わせると、このシュートはGKジャンルイジ・ブッフォンに阻まれたが、こぼれ球をダニエレ・デ・ロッシが押し込んで同点に追いついた。

 後半に入り56分、ローマが試合をひっくり返す。左サイドでパスを受けたステファン・エル・シャーラウィがエリア内に持ち込み右足でシュート。DFに当たったボールがゴール右下に吸い込まれた。

 逆転を許したユヴェントスは64分、シュテファン・リヒトシュタイナーに代えてダニエウ・アウヴェスをピッチへ送り出す。だが、直後の65分、ローマはモハメド・サラーからのパスでエリア内右に抜け出したラジャ・ナインゴランが右足のシュートを突き刺し、スコアは3-1となった。

 2点ビハインドとなったユヴェントスは69分にストゥラーロを下げてパウロ・ディバラを投入。しかし、残り時間で追い付くことはできず、試合はこのままタイムアップを迎え、ローマが3-1で勝利を収めた。

 これでユヴェントスの6連覇決定は次節以降に持ち越しとなり、勝ち点差を「4」に縮めたローマが逆転優勝への望みをつないだ。

 次節、ローマは20日にアウェイでキエーヴォと対戦。ユヴェントスは17日にコッパ・イタリア決勝でラツィオと対戦し、その後、21日にリーグ戦第37節でクロトーネをホームに迎える。

【スコア】
ローマ 3-1 ユヴェントス

【得点者】
0-1 21分 マリオ・レミナ(ユヴェントス)
1-1 25分 ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
2-1 56分 ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
3-1 65分 ラジャ・ナインゴラン(ローマ)

SOCCER KING

最終更新:5/15(月) 8:11
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報