ここから本文です

レアルが“バイエルン超え”、62戦連続ゴール…1試合平均得点は?

SOCCER KING 5/15(月) 9:04配信

 リーガ・エスパニョーラ第37節が14日に行われ、レアル・マドリードはセビージャに4-1と快勝。首位バルセロナと同勝ち点「87」で並んだ状態を維持した。

【動画】レアルがセビージャに快勝、ハメスは本拠地ラストマッチに?

 同試合で、レアル・マドリードが新たな記録を樹立した。クラブの公式HPによると、公式戦62試合連続得点を記録。バイエルンが2012-13シーズンから翌シーズンにかけて記録した「61」を上回った。

 レアル・マドリードが最後に無得点に終わった公式戦は、昨年4月26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグのマンチェスター・C戦。スコアレスドローに終わった一戦以来、レアル・マドリードは1年と約半月に渡って得点を決め続けている。

 クラブの公式HPによると、レアル・マドリードは62試合で171ゴールを記録。1試合平均2.75ゴールとハイペースで得点を重ねている。20選手が得点を記録し、選手別の内訳ではポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが最多の41ゴール。次いでスペイン代表FWアルバロ・モラタが20ゴール、フランス人FWカリム・ベンゼマが18ゴールとなっている。

 ジネディーヌ・ジダン監督の就任以来、公式戦84試合を戦ったレアル・マドリード。無得点に終わった試合はわずかに3つだ。今シーズンの残り3試合、対戦相手はセルタ、マラガ、ユヴェントスという顔触れ。得点記録をさらに更新し、リーガ・エスパニョーラとCLの2冠達成は果たせるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:5/15(月) 9:14

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合