ここから本文です

長谷川博己「小さな巨人」黒幕は署長13・9%

日刊スポーツ 5/15(月) 10:31配信

 TBS系日曜劇場「小さな巨人」(日曜午後9時)の14日第5話の平均視聴率が13・9%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチの調べでわかった。前週第4話は13・5%だった。  

【写真】NHK大河「直虎」でも怪演を見せた春風亭昇太

 出世街道から外れた長谷川博己(40)演じるエリート捜査員を中心に、警察内部の権力闘争を熱く描いた骨太作品。謎解きを重視した警察ドラマとは一線を画した、今までにはない“リアルな警察の姿”そして“人”を写し出している。

 第5話は、内通者はまさかの三笠署長(春風亭昇太)だった。香坂(長谷川博己)は真相を暴くため、アリサ(佐々木希)が、隆一(加藤晴彦)から預かった、破損したUSBを調べる。京子(富永沙織)が飛び降りたときに、破損したのではないかと仮説を立てるが、現場で破片は見つからない。だが長年、三笠の下で働いていた香坂は、鑑識が入る前に三笠が証拠を持ち去っている可能性があると推測する、という内容だった。

最終更新:5/15(月) 12:05

日刊スポーツ