ここから本文です

小島調教助手苦労報われ愛馬に感謝/ヴィクトリアM

日刊スポーツ 5/15(月) 8:55配信

<ヴィクトリアマイル>◇14日=東京◇G1◇芝1600メートル◇4歳上牝◇出走17頭

 絶好調男に導かれ、新女王が誕生した。クリストフ・ルメール騎手(37)が騎乗した6番人気アドマイヤリード(牝4、須貝)が重賞初勝利をG1制覇で飾った。

 転厩時からアドマイヤリードを担当する小島希望調教助手は、重賞初制覇がG1となった。当初はカイ食いが細く「今までの牝馬で一番苦労した」というだけに喜びもひとしお。感極まった表情で愛馬を出迎え「リードに感謝です。未熟な僕を支えてくださった、先生や厩舎、牧場の方々、ファンのみなさんのおかげです」と頭を下げた。

最終更新:5/15(月) 10:11

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ