ここから本文です

松山と池田はともに22位 21歳金シウが最年少V

日刊スポーツ 5/15(月) 8:22配信

<米男子ゴルフ:プレーヤーズ選手権>◇最終日◇14日(日本時間15日)◇フロリダ州ポンテベドラビーチ・TPCソーグラス(7189ヤード、パー72)◇賞金総額1050万ドル(約11億6000万円)優勝賞金189万ドル(約2億800万円)

【写真】最終ラウンド、7番でバンカーショットを放つ松山英樹

 世界ランク4位の松山英樹は1イーグル、5バーディー、4ボギーの69で回り、通算イーブンパーの288で22位となった。10番までに3つスコアを落としたが、そこから16番でイーグルを決めるなど意地を見せた。

 世界ランク50位以内の資格で初参戦となった昨季日本ツアー賞金王池田勇太は74でスコアを2つ落とし、通算イーブンパーで松山と並ぶ22位。

 69で回った21歳の金シウ(韓国)が通算10アンダーで大会最年少優勝を達成。ツアー通算2勝目を挙げた。3打差の2位にイアン・ポールター(英国)とルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)が入った。

最終更新:5/15(月) 9:55

日刊スポーツ