ここから本文です

栃木4強 田臥ゲキで1つに!連日の富樫封じ

日刊スポーツ 5/15(月) 9:57配信

<バスケットボールBリーグ・チャンピオンシップ:栃木77-70千葉>◇14日◇準々決勝◇宇都宮市体育館

 東地区1位栃木ブレックスが、大逆転で千葉ジェッツを77-70と破り、連勝で準決勝進出を決めた。約4000人のホーム応援団の後押しを受け、最大22点差をひっくり返した。今季4勝5敗と唯一負け越した難敵を、チーム一丸の戦いで撃破した。4強が出そろい、栃木は20、21日にホームでシーホース三河と対戦する。

 22点差でも誰もあきらめていなかった。「焦らずに、自分たちのやるべきことを1つずつ、しっかりやっていこう」と仲間を励ます田臥を中心に、逆境でチームが1つになっていった。

 守備で頑張り、千葉に得意の3点シュートを打たせない。相手の得点源、富樫とストーンには2日間で1本の3点シュートも決められなかった。攻撃では前半で15点差まで迫ると、第3Qで3点差。第4Q(クオーター)の出だしで、ギブスの連続シュートでついに逆転した。

 約4000人の応援団が大逆転を後押しした。栃木のシュートが決まれば大歓声。相手のフリースロー時は、全員で床を踏みならした。ウィスマン・ヘッドコーチは「ファンの力なくして、こんな素晴らしい勝ち方はあり得なかった。このために、ホーム開催を勝ち取るために我々は必死でレギュラーシーズンを戦った」と力を込めた。

 シーズン終盤に連敗し、CS前の対戦成績は4勝5敗。他の優勝候補も最も対戦を嫌がった千葉に、底力を見せつけ2連勝。準決勝では西地区1位の三河をホームで迎え撃つ。「三河には2年前にセミファイナルで悔しい思いをしている。しっかり準備してリベンジしたい」と田臥は気負うことなく話していた。【桝田朗】

 ◆チャンピオンシップ 準決勝は2戦先勝方式。2試合目に1勝1敗となった場合は、2試合目の終了後に前後半5分ずつの第3戦を行い勝者を決める。27日の決勝は、一発勝負で行われる。優勝チームに賞金5000万円、準優勝は2000万円。

最終更新:5/15(月) 9:57

日刊スポーツ