ここから本文です

間寛平が退院、自宅療養 木登り中に転落して骨折

日刊スポーツ 5/15(月) 12:06配信

 4~5メートルの高さの木から木登り動画を配信中に転落し、左鎖骨や左肋骨(ろっこつ)複数箇所を骨折した間寛平(67)が15日、入院先の大阪市内の病院を退院した。

【写真】福島県知事とチャチャマンボを踊る間寛平

 この日午前、ツイッターに「本日、左鎖骨手術の抜糸も済んで、無事に退院いたしました!」と報告。「激励頂きましたファンの皆様、関係者の皆様、そしてお世話になった病院の皆様、ありがとうございました」と感謝の言葉も記した。

 所属事務所によると、今後はしばらく自宅静養し、体調の回復具合を見て、仕事復帰を決める。

 寛平も「今後は自宅で安静療養しながら、1日でも早く仕事復帰できるように頑張ります! ウンバラバ~~」とコメントをつづっている。

 寛平は、4月30日に負傷し、回復を早める手術を受けてリハビリに努め、痛みもじょじょにやわらいでいたという。この日午前、抜糸を終えれば退院の見込みだった。

最終更新:5/15(月) 12:30

日刊スポーツ