ここから本文です

天理大・森11回完投!引き分けで優勝望みつなぐ

日刊スポーツ 5/15(月) 15:26配信

<阪神大学野球:関西国際大学2-2天理大>◇第6週2日目◇15日◇万博

 優勝へ向けて負けられない天理大は、この日の試合を延長11回で引き分けて優勝に可能性を残した。

【写真】延長の末、引き分けとなりベンチへ戻る関西国際大ナイン

 先発の森浦大輔投手(1年=天理)は2回に2点を失うもその後は得点を許さず、延長11回を152球で投げ抜いた。この試合まで9回完投の経験もなかったが「今日はとりあえず6回までは投げようと思っていた。2点で抑えられて良かったです」と控えめに笑顔を見せた。

 藤原忠理監督も「中盤以降から持ち直してくれた。まとまってますね。試合を作ってくれる」と頼れる1年生左腕をたたえた。

 関西国際大が優勝に王手をかけており、もう1敗も許されないが「うちは余裕はないけど余力はあります」と藤原監督は穏やかに言った。まだ優勝を諦めるつもりはない。

最終更新:5/15(月) 15:52

日刊スポーツ