ここから本文です

東京五輪金メダルへ、侍の次期監督人選を強化委一任

日刊スポーツ 5/15(月) 19:04配信

 プロ、アマ合同で野球界の課題に取り組む日本野球協議会の幹事会が15日、都内で開かれ、次期侍ジャパン監督の人選を同協議会内の侍ジャパン強化委員会に一任することが承認された。

 日本野球機構(NPB)井原敦事務局長は「新監督の選定についても侍ジャパン強化委員会に一任するということで、幹事会の承認を頂きました。(人物像は)2020年東京五輪の金メダルという大目標へ向け、チームをつくりあげていただける方」と説明した。

 また代表監督のサポートのため、チーム編成の実務や情報収集、コンディション管理などを担当する強化本部を設置することも承認された。本部長の下に2人の副本部長を置く予定で、強化委員会が人選にあたる。

 同事務局長は「大変大きな目標なので、プロ野球に限らず、アマチュア野球も含んだオール野球界で取り組まなくてはならない。強化本部を設立して、大きな目標を達成するための施策を打っていく。(決定期限の)メドはありますが、いつまでとは決めずに、しっかりと委員会で検討して結論を出したい」と話した。

 プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは「強化本部長、副本部長を置いて、侍ジャパンの監督の支援態勢、強化体制をがっちりと構築していく。監督人事を含め、人選にはある程度時間がかかる。これから鋭意精力的に作業に入っていく。幹事の皆さんには、満場一致で了承を頂きました」と話した。

最終更新:5/15(月) 19:06

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 12:00