ここから本文です

楽しんごが退院「1日我慢していたら危なかった」

日刊スポーツ 5/15(月) 21:17配信

 急性腹膜炎で入院していたお笑いタレント楽しんご(38)が15日、都内の病院を退院、会見した。6日深夜に緊急入院、7日に4時間かけて手術を受けた。「虫垂炎が破裂して、あと1日、我慢していたら命が危なかったと言われました。本当に、ご心配かけました」と頭を下げた。

【写真】退院した楽しんご

 現在、お笑いタレントとしての仕事はほとんどなく、マッサージ師として生計を立てている。「もともとはお笑い志望じゃなくて、俳優になりたかった。これからは、俳優の仕事にも力を入れていくので、よろしくお願いします」。占い芸人Love Me Doに依頼して、俳優用の芸名を考えてもらうことを明かした。

 オネエの芸風に関しては「高い声を出すのに結構、無理している」と告白。それでも、自身の性癖については「ガチホモです!」とキッパリ。男役か女役かの質問には「リバーシブルです」と、両方ともイケると説明した。

 飲酒運転で逮捕されたガリガリガリクソンは、事務所の先輩。「本当に優しい人なんです。反省してると思う」と話した。

最終更新:5/15(月) 21:48

日刊スポーツ