ここから本文です

ブラックスビーチ安定感抜群で一発も十分/オークス

日刊スポーツ 5/15(月) 21:57配信

 今週は牝馬3冠第2戦のオークス(G1、芝2400メートル、21日)が東京競馬場で行われる。

 現在12週連続勝利中の角居厩舎が送り出すのがブラックスビーチ(牝3)だ。休養明け後は未勝利→スイートピーSを連勝し、オークスの出走権を獲得。

 「休養中に全体的にしっかりとしたし、前走後も疲れはなかった。レース前より体重が増えていたぐらい」と、05年にシーザリオでオークスを制した鈴木助手。デビュー戦以外はすべて連対と安定感も抜群で「競馬が上手」と一発も十分にありそうだ。

最終更新:5/16(火) 10:39

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ