ここから本文です

雨天の下、菜の花ウオーク開催/横浜町

Web東奥 5/15(月) 19:13配信

 青森県横浜町で14日、菜の花ウオークが開かれ、函館市や秋田市などからの参加を含む74人が、あいにくの雨にもかかわらず、菜の花畑などを元気に巡った。
 同町菜の花ウオーキングクラブ(角鹿洋子会長)が主催し、同町大豆田(まめだ)地区の自然苑(じねんえん)を発着地とする5キロと8キロの2コースで実施した。
 開会式では角鹿会長が「6回目の開催で初の雨になったが、満開の菜の花を見ながら全員で完歩しよう」とあいさつ。参加者は準備体操をして体をほぐした後、出発した。
 3月に同クラブと町観光協会などが「下北半島誘客キャラバン」として函館市を訪問したことをきっかけに、「函館歩け歩けの会」の会員22人も参加。参加者たちは雨にぬれる菜の花畑沿いをぐんぐん歩いていった。5キロを歩いた函館市の北見優子さん(67)は「雨が当たり菜の花がきれいだった。道端のワラビも採れて楽しかった」と話していた。
 終了後は近くのトラベルプラザ・サンシャインに移動し、一緒に食事をして楽しいひとときを過ごした。

東奥日報社

最終更新:5/16(火) 8:45

Web東奥