ここから本文です

驚き隠せないチャイナウオッチャー、中国の債券下落の勢い止まらず

Bloomberg 5/15(月) 16:13配信

中国の債券相場下落の勢いに、トップクラスの専門家が驚いている。

中国10年物国債の利回りは先週3.7%と、2年ぶりの高水準に上昇した。中国の2大証券会社である中信証券(CITIC証券)と海通証券のアナリストらは4月、短期的な利回りの最高水準を3.6%と予想していた。行き過ぎた借り入れの抑制を当局が強化していることを受けて株式相場が下げ、人民元に圧力がかかる中、債券相場にも影響が及んでいる。

BNPパリバ(中国)の中国市場戦略責任者、単坤氏(上海在勤)は「当局のキャンペーンの終わりを知るのにどういったものが手掛かりになるのか、規制強化がいつまで続くのか誰も分からない」と指摘した。

中国10年物国債利回りは過去7週間に41ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の大幅上昇を記録。明明氏ら中信証券のアナリストは11日のリポートで、最近の経済データは債券下落を裏付ける内容ではないし、当局が今月レバレッジ解消の具体的な措置を講じているわけではないとし、相場は「非合理的ムード」に突入しつつあると指摘した。

ブルームバーグが今月実施した調査によると、市場関係者は10年債利回りが6月末までに3.80%でピークを付けるとみている。3月調査時は最高3.4%だった。

原題:China Watchers Caught Off Guard as Bond Rout Just Won’t End (1)(抜粋)

Tian Chen

最終更新:5/15(月) 16:13

Bloomberg