ここから本文です

日本高野連に初の女性理事誕生へ 17日の評議員会で2人選出

スポーツ報知 5/16(火) 5:03配信

 日本高野連が17日の評議員会で、初めて女性理事を選出することが15日、分かった。2年に1度行われる改選で2人の女性理事が誕生する見通しで、従来とは異なる視点を取り入れることが狙い。

 1946年に設立された前身の全国中等学校野球連盟の時代から、70年以上にわたって理事は男性が務めてきた。日本高野連によると、理事の定数は会長や副会長を含めて30人以上35人以内となっている。関係者によると、新たな視点を求め、財界からの抜てきが有力視されているという。

 昨夏の選手権大会では、ユニホーム姿で甲子園練習に参加した女子マネジャーを大会本部が制止した。インターネットを中心に批判的な意見が多く寄せられたことから、昨年11月の理事会で規則変更。今春のセンバツ大会から、条件付きで女子部員の練習参加が認められた。女性理事の登用について、竹中雅彦事務局長は「女子マネジャーの件も含め、女性の立場からいろいろなご意見をいただきたい」と話した。

最終更新:5/16(火) 5:03

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 9:25