ここから本文です

(時時刻刻)東芝再建「対立」が壁 半導体売却・上場廃止リスク

朝日新聞デジタル 5/16(火) 5:30配信 有料

 東芝の再建を、「二つの対立」が危うくさせている。協業する米ウエスタンデジタル(WD)との対立が激化し、半導体子会社の売却手続きが難航しそうだ。監査法人と対立した影響で、2017年3月期決算の決算短信の正式発表はめどが立たない。支援する金融機関の姿勢にも悪影響が出かねない。▼1面参照

 ■WD、強硬姿勢に 半導体売却
 「そこまで強硬になるとは思わなかった」。15日、WDが東芝メモリの売却の差し止めを国際仲裁裁判所に求めたことを聞き、東芝幹部は衝撃を受けた。
 WDは、四日市工場(三重県四日市市)で半導体を東芝と共同生産していた米サンディスクを昨年に買収。……本文:4,185文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:5/16(火) 5:30

朝日新聞デジタル