ここから本文です

<都議選>民進が公認取り消し 離党届14人ら

毎日新聞 5/16(火) 0:15配信

 ◇当初36人いた公認候補者は22人に減少

 東京都議選(7月2日投開票)に向け、民進党都連は15日、常任幹事会を開き、離党届を提出していた公認候補14人と、立候補を取りやめた現職都議の計15人の公認取り消しを決めた。旧民主党時代に都連幹事長を務めた元都議の和田宗春氏(73)=北区=の追加公認も決め、党本部での承認を経て正式決定する。当初36人いた公認候補者は、22人に減った。

 離党届を出していた14人は、既に小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」の支援を受けることが決まっている。現段階で6人が都民ファーストの公認、8人が無所属での推薦をそれぞれ得ている。

 また、出馬を取りやめた足立区選出の大西智都議(55)は毎日新聞の取材に「一身上の都合で残念だが、取りやめることになった」と話した。離党はしないという。【柳澤一男】

最終更新:5/16(火) 0:15

毎日新聞