ここから本文です

県のチョウ制定へ 21日、シンポジウム開催

5/16(火) 5:00配信

琉球新報

 沖縄県の蝶々(ちょうちょう)制定へ県民の関心を高めようと、県の蝶制定県民の会(大城安弘会長)と琉球新報社は21日午後3時から、県立博物館・美術館の講堂で、シンポジウムを開く。久保田照子副会長らが15日に琉球新報社を訪れ、来場を呼び掛けた。入場無料。

 2部制で、第1部は埼玉昆虫談話会会長の江村薫さんが基調講演する。埼玉県は全国で唯一、県蝶を制定しており、制定までの経緯や活動を報告する。第2部は江村さんのほか、沖縄県内の教育や観光関係者らが登壇し、パネルディスカッションを行う。
 来場者には蝶の食草などが無料配布される。問い合わせは琉球新報社読者事業局(電話)098(865)5255。

琉球新報社

最終更新:5/16(火) 5:00
琉球新報