ここから本文です

「VxRail」の月額払いモデル、ヴイエムウェアIoT管理製品など発表

アスキー 5/16(火) 7:00配信

「Dell EMC World 2017」では、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品のVxRailやXCシリーズの低価格版が投入されたうえに、“月額払い”で利用できる購入モデルも発表された。ヴイエムウェアのIoT環境管理製品などと合わせレポートする。
 5月8日~11日(現地時間)にラスベガスで開催された、米Dell Technologiesのプライベートイベント「Dell EMC World 2017」。ストレージ製品の“全面刷新”をお伝えした前回記事に続き、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の「Dell EMC VxRail Appliance」新版や、HCI製品における「月額払い」の製品購入モデル、さらにヴイエムウェアの新製品などについてご紹介する。
 

急成長するHCI市場向けに、より安価な「VxRail」や「XCシリーズ」を投入
 ITインフラ製品市場において目覚ましい成長を遂げているHCIだが、中でもVxRailはHCI市場平均比で4倍のスピードで成長している(2016年第4四半期、IDC調査、Dell EMC発表より)という。
 
 Dell EMC自身も、HCI分野には大きく注力している。基調講演に登壇したDell EMCプレジデントのデイビッド・ゴールデン(David Goulden)氏は、企業データセンターインフラの「モダナイズ(最新鋭化)」戦略に触れる中で、それを最も迅速に実現する手段はVxRailやVxRack、VblockといったHCI/CI製品の導入だと語った。
 
 昨年の同イベントでハードウェアをPowerEdgeサーバーに刷新したHCIアプライアンスのVxRailでは、新版となる「VxRail 4.5」が発表された。これは、最新の「VMware vSphere 6.5」および、フラッシュストレージでの性能を「VMware vSAN 6.6」を搭載したモデルとなる。
 
 新たにシングルプロセッサーモデルも投入され、「3ノードクラスタで2万5000ドルから」のスモールスタートが実現するとしている。このモデルは中小企業やブランチオフィスでの導入に向くだけでなく、プロセッサ単位のライセンスを採用するソフトウェアのコスト削減に適するという。加えて、Dell EMCからリモートサポートを提供する「Dell EMC Secure Remote Services(ESRS)」にも新たに対応する。
 
 なお、VDI/アプリケーション仮想化用途での導入を容易にする「Dell EMC VDI Complete Solutions」も発表されている。これはVxRail(またはvSAN Ready Node)と「VMware Horizon」を統合済みで提供するパッケージ製品で、ユーザー数に応じて最適なハードウェア/Horizonライセンスが提供される。後述する月額支払いの購入モデル「Cloud Flex for HCI」と組み合わせることで、1ユーザー(1シート)あたり月額8ドルから利用が可能。
 
 ニュータニックス(Nutanix)製ソフトウェアを搭載したHCIアプライアンス「Dell EMC XCシリーズ」でも、エントリー価格を2万5000ドルに引き下げた「XC430 Xpress」モデルが発表された。拡張性の面で「最大4ノードまで」という制限があるが、こちらも中小規模の企業層に向けたアピールとなる。
 
 また、Dell EMCのデータ保護製品である「Avamar VE(Virtual Edition)」や「Data Domain/Data Domain VE」が、XCシリーズに対応した。これにより、これまでのXCシリーズでは利用できなかったバックアップやDR(災害対策)の機能が利用できるようになる。
 
 さらに、ピボタル(Pivotal)との技術連携に基づき、XCシリーズ上でPaaS基盤ソフトウェア「Pivotal Cloud Foundry(PCF)」を稼働させるためのリファレンスアーキテクチャを作成し、顧客への提供を開始している。
 
 一般提供開始(米国において、以下同様)は、VxRail 4.5が今年9月から。一部の新機能については、VxRail 4.0においても今年6月から提供する。また、XC430 Xpressは今年6月から一般提供を開始する。
 
HCIを導入しやすくする“クラウド風”の製品購入モデルも発表
 顧客のHCI導入を後押しするために、Dell Financial Services(DFS)を通じて、新しい形態のより柔軟な製品購入モデル(コンサンプションモデル)も提供することが発表されている。
 
 今回発表された「Cloud Flex for HCI」を利用すれば、VxRailやXCシリーズをリース契約ではなく、初期費用なしの「月額払い」方式で購入することができる。さらに、購入後12カ月が経過すれば、その製品はいつでも違約金なしで返却できる仕組みだ(少額費用を払って継続利用することも可能)。これにより、パブリッククラウドサービスを利用するのと同じように完全にOPEXモデルでHCIを利用することができる、と説明している。
 
 Cloud Flex for HCIはまずVxRail、XCシリーズを対象にスタートするが、DFSによると、今後はラック構成のVxRackなど、その他のHCI製品にも拡大する計画。
 
 ちなみにHCI以外の製品についても、新たな購入モデルが発表されている。たとえば「Flex on Demand」は、Dell EMCのすべてのストレージ製品において、必要な容量ぶんだけを支払う“Pay-per-Use”の購入モデルを可能にする。また、データセンター製品全体に対し、利用リソース量ベースでの月額払いを可能にする「Data Center Utility」も用意している。
 
IoTインフラ全体をセキュアに管理する「VMware Pulse IoT Center」発表
 2日目基調講演には、Dell Technologiesグループ傘下のヴイエムウェアからCEOのパット・ゲルシンガー氏が出席し、新しいIoTインフラ向け管理製品「VMware Pulse IoT Center」を発表した。
 
 このPulse IoT Centerは、IoTエッジに存在する膨大な数のデバイスとアプリケーションを、単一のコンソールから監視/管理/保護するための製品となる。発表によれば、デバイス管理には「VMware AirWatch」、インフラ管理とトラブルシューティングには「VMware vRealize Operations」のテクノロジーが活用されるという。
 
 Pulse IoT Centerは、マルチベンダーが混在するIoT環境にも対応し、稼働状況をリアルタイムに可視化するほか、デバイスやエッジアプリケーションの管理とアップグレード、「VMware NSX」連携によるエンドトゥエンドでのセキュリティ(トンネリング、マイクロセグメンテーション)といった機能を提供する。これにより、複雑なIoT環境におけるIT管理者/OT管理者の業務効率化と省力化を図る。
 
 ゲルシンガー氏によれば「VMware Pulse」は製品ファミリーであり、今回のIoT Centerはその1つとなる。「IoTインフラに信頼性やセキュリティをもたらし、ROIをより早く実現する」(ゲルシンガー氏)。
 
 VMware Pulse IoT Centerの一般提供開始時期は、2017年中と発表されている。なお同製品はオンプレミス向けソフトウェア、クラウドサービスの両形態で提供される予定。
 
Dell EMCからはストリームデータストレージ「Project Nautilus」
 加えてDell EMCからは、IoTで生成される大量のストリームデータを蓄積/解析するためのソフトウェアである「Project Nautilus」の取り組みも発表された。バックエンドのストレージとして「Isilon」や「Dell EMC Elastic Cloud Storage(ECS)」を利用し、Nautilusのソフトウェアレイヤーを介して、「Apache Flink」や「Apache Spark」などのアナリティクスエンジンでリアルタイムに解析可能にする。
 
 基調講演に登壇した非構造化データストレージ担当SVP&GMのマニュビル・ダス氏は、現在、非構造化データにはIsilonがカバーする「ファイル」、ECSがカバーする「オブジェクト」のほかに「ストリームデータ」があり、Project Nautilusがこのストリームデータをカバーすると説明した。なお同日、Project Nautilusのコア部分がオープンソースソフトウェア「Pravega」として公開されている。
 
 「現在、市場で販売されているストリームデータのストレージには、3つの問題がある。まずはストレージの拡張性。次にサイロ化の問題。そして必ずしも安価ではない。われわれはこれを改善できると考え、IoT向けのストレージプラットフォームとしてProject Nautilusに取り組んで来た」(ダス氏)
 
* * *
 
 以上、今回はHCI製品とIoT関連製品の新発表について紹介した。Dell EMCではITインフラ全体をカバーし、顧客インフラのモダナイズやハイブリッドクラウドへの進化をサポートしていく戦略を描いている。次回はマイケル・デル氏やその他の幹部がDell EMC Worldで語った、同社の戦略について見ていこう。
 
 
文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

最終更新:5/16(火) 7:00

アスキー