ここから本文です

仏新大統領、独首相と初会談=EU改革などで連携確認

時事通信 5/16(火) 1:08配信

 【ベルリン時事】フランスのマクロン大統領は15日、就任後最初の外遊先としてドイツを訪れ、ベルリンでメルケル首相と初の首脳会談を行った。

 両首脳は、欧州の2大国が欧州連合(EU)改革などの諸課題に連携して取り組む方針で一致する見通しだ。

 大統領選で親EU姿勢を鮮明にしてきたマクロン氏に対し、メルケル氏は支持を表明し、当選後には「協力を楽しみにしている」と呼び掛けていた。両首脳は最優先事項として、英国の離脱決定で先行き不透明感があるEUを安定させる必要性を確認するとみられる。 

最終更新:5/16(火) 9:15

時事通信