ここから本文です

ハーフナー、チーム内得点王も去就は不透明…1、2年は欧州でのプレーを希望

GOAL 5/16(火) 11:32配信

ADOデン・ハーグに所属するFWハーフナー・マイクが、去就について言及した。オランダメディア『FC Update』が報じている。

ハーフナーは2016-17シーズン、公式戦31試合に出場し、10得点を記録。リーグ戦では9得点を挙げ、チーム内得点王となる活躍を見せた。クラブとの契約期間は2018年までとなっているが、去就については今後の話し合いで決まっていくようだ。

2015年の夏にデン・ハーグへと加入したハーフナーは「僕が満足すれば、残ることができます。けれど、実際どうなるかは全くわかりません」とコメントしているが、クラブにとって最も給料の高い選手の1人であり、今夏が移籍金を獲得する最後のチャンスとなる。そのため、クラブの意向も重要となってくるようだ。20日に30歳を迎えるハーフナーは将来について、以下のように述べている。

「31歳か32歳まではヨーロッパに残りたいと思っています。ルーツである日本にはたくさんの友人がいますが、自分のサッカーキャリアを生きていきたいと思っています」

 

GOAL

最終更新:5/16(火) 11:32

GOAL