ここから本文です

初の10代も 熊本市で新たに4人の震災関連死

RKK熊本放送 5/16(火) 20:59配信

RKK熊本放送

熊本市は、10代の女性を含む4人を震災関連死と認定したことを明らかにしました。
認定されたのは、10代から70代のいずれも東区の男女4人です。市によりますと、4人のうち1人は在宅医療で寝たきり状態だった先天性の難病患者で、熊本地震による停電で一時酸素吸入器が使えなくなり、その後の余震で心身ともに衰弱したことで誤嚥性肺炎を引き起こし亡くなりました。また、以前に気管支喘息の診断を受けていた1人は、前震で倒れた家具の埃を吸い込みアレルギー反応によるショックを引き起こしたことが原因で亡くなっています。
これまでに熊本地震で亡くなった人は県内で225人となります。(関連死を含む)

RKK熊本放送

最終更新:5/16(火) 21:02

RKK熊本放送