ここから本文です

川内、納得の11位「調子が悪くないのは確か」 仙台国際ハーフマラソン

夕刊フジ 5/16(火) 16:56配信

 14日の仙台国際ハーフマラソン(弘進ゴムアスリートパーク仙台発着)男子で、世界陸上ロンドン大会(8月)マラソン代表の川内優輝(30)=埼玉県庁=は1時間3分29秒で11位だった。

 スタート前から調子の良さを感じていたそうで序盤から飛ばしたが、後半に失速。同じ世界陸上マラソン代表で、やはり後半失速した10位の中本健太郎(34)=安川電機=にゴール直前で迫る場面もあったが、4秒差届かず。

 「もったいない走り。状態を過信し過ぎた」と苦笑いを浮かべた。タイムには納得顔で、「調子が悪くないのは確か」とうなずいた。

 実業団に所属せず、“最強市民ランナー”の異名を取る川内は、練習時間を取れない分、実戦数で補うスタイルを貫いている。今月7日にもチェコ共和国でのプラハ・マラソンに出場し、2時間10分13秒で6位に入ってからわずか1週間。6、7月にも4レースを予定しているという鉄人ぶり。「まだまだ調子を上げていく」と独自の調整法で世界陸上へ向かう。

最終更新:5/16(火) 16:56

夕刊フジ