ここから本文です

韓国 けさのニュース(5月16日)

聯合ニュース 5/16(火) 9:31配信

◇5月の大型連休 海外でのカード使用額65%増

 クレジットカード会社大手のKB国民カードによると、大型飛び石連休だった先月29日から今月9日まで、海外でのKB国民カードの決済額は254億300万ウォン(約25億7000万円)と前年同期比64.8%急増した。使用件数も24万3491件で、76.7%増加した。

◇きょう韓米政府当局が初協議 早期の首脳会談へ調整

 韓国と米国は16日、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後初となる政府当局間協議を行い、文大統領氏とトランプ米大統領の首脳会談の開催日程や議題を調整する。鄭義溶(チョン・ウィヨン)元駐ジュネーブ大使が率いる青瓦台(大統領府)の外交安保タスクフォース(特別チーム)が、前日来韓した米ホワイトハウスのポッティンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長やフッカーNSC朝鮮半島補佐官と協議する。

◇ソウル市の粒子状物質対策討論会 大統領府が参加意向

 ソウル市が27日に市中心部の光化門広場で、粒子状物質対策に関する大規模な討論会を開催する。市は16日、青瓦台が同討論会への参加を提案したことを明らかにした。討論会には約3000人の市民が参加し、粒子状物質を巡る政策の優先順位や具体的な代案などを話し合う予定だ。

◇韓国滞在の外国人190万人近くに 納税額も急増

 法務部の統計年報によると、2015年末時点で韓国に滞在する外国人は189万9000人で、10年前の2.5倍に増加した。韓国の総人口5143万人の3.7%にあたる。滞在数の急増に伴い、外国人が昨年納めた税金も10年の4倍以上に増えた。

◇高血圧患者 昨年は750万人に増加

 世界高血圧デー(5月17日)を前に健康保険審査評価院が16日公表した資料によると、韓国の高血圧患者の数は2016年に752万人だった。14年が707万人、15年が721万で、昨年は2年前の6.4%増となった。高血圧は代表的な慢性疾患で、心臓疾患や脳血管疾患を引き起こしかねない。

◇「ギャラクシーS8」シリーズ 世界販売500万台突破

 サムスン電子の最新フラッグシップスマートフォン「ギャラクシーS8」シリーズの世界販売台数が、発売1か月足らずで500万台を超えた。同社関係者が16日、明らかにした。世界各国で販売台数が順調に伸びているという。

◇造船業の雇用 昨年大幅に悪化

 昨年、韓国の上場企業のうち造船業の従業員数が前年に比べ約8670人減少したことが16日、分かった。上場企業全体の減少数を2750人以上、上回った。減少率は14.8%で、全業種で最も大きい。繊維、衣料、電子業の雇用も悪化した。その一方で、出版・放送、ソフトウエア開発・ゲーム、医療精密、非金属製品などの従業員数は増加した。

◇若者の貯蓄を支援 ソウル市事業に申し込み多数

 ソウル市は16日、市の若者支援事業「希望2倍 青年通帳」への申込数が昨年の約2倍に増加したことを明らかにした。働く若者のうち低所得者を対象に、一定額の貯蓄に対し市が積立金を追加する制度。今年は市の支援額を引き上げ1000人を募集したところ、先月末の締め切りまでに3800人が応募した。

◇EUの対北朝鮮輸入 昨年は前年の半分以下

 国際社会は核実験とミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し制裁を科しており、欧州連合(EU)と北朝鮮間の昨年の貿易量が前年に比べ13.8%、2014年比で36.1%、それぞれ減少したことが分かった。EUの北朝鮮からの輸入は前年の半分以上、14年の4分の3近く減少した。

最終更新:5/16(火) 9:31

聯合ニュース