ここから本文です

五輪フェンシング 事前合宿誘致を 沼津市に要望

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/16(火) 7:33配信

 静岡県フェンシング協会(勝呂衛会長)はこのほど、2020年東京五輪の事前合宿誘致活動に関する要望書を沼津市に提出した。田村儀昭副会長、増田和正理事が市役所を訪れ、大沼明穂市長に手渡した。

 協会側は同市が県内でもフェンシング競技が盛んで、優秀な選手を輩出している状況などを説明した上で(1)今秋の米男子チームの事前合宿受け入れ(2)同競技のホストタウン登録(3)市民認知度向上のためのPR―を求めた。

 同市は昨年1月、県を通じて東京五輪・パラリンピック大会組織委員会に同競技の事前合宿候補地の国際基準を満たしているプラサヴェルデ(同市大手町)で受け入れる意思表明を示している。

静岡新聞社

最終更新:5/16(火) 7:33

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS