ここから本文です

政活費不正の3市議に説明要請の文書 神戸市議会

神戸新聞NEXT 5/16(火) 18:45配信

 神戸市議会の会派「自民党神戸」(解散)による政務活動費の不正流用事件で、同市議会の池田林太郎議長は16日、書類送検された3市議に対し、市民と議会への説明を求める文書を送ったことを明らかにした。会派代表者会議で報告後、取材に応じた。

 文書を送ったのは、当時会派の幹事長だった岡島亮介市議(74)、同会計責任者梅田幸広市議(68)、竹重栄二市議(68)の3人。ほかに2015年8月に死亡した大野一・元市議が書類送検された。

 文書は「一連の報道で抱かれている疑念を晴らすべく釈明されるよう、強く求める」などの内容で、15日付けで郵送したという。3人は、書類送検後に池田議長の聴き取りに対し、詳細な説明を拒んでいる。

 池田議長は15日、兵庫県警に対しても口頭で情報開示を求めたが、「捜査に支障をきたす」などとして新たな情報は得られなかったという。(若林幹夫)

最終更新:5/16(火) 18:51

神戸新聞NEXT