ここから本文です

前橋物産館改め「Vento Maebashi」広さ1.4倍、売上目標の1.3倍 /群馬

みんなの経済新聞ネットワーク 5/16(火) 8:05配信

 大規模リニューアルから5月14日で1カ月、JR前橋駅構内の「Vento Maebashi(ヴェント前橋)」(前橋市表2、TEL 027-223-1181)が絶好調だ。(高崎前橋経済新聞)

【写真】売上ナンバー1、菓子から弁当へ

 Ventoはイタリア語で風。「季節を感じてもらう」意を込めた。観光案内所のほかに、バス総合案内所とフードコートを併設。店舗面積は1.4倍になった。出店数は32店から46店に増え、取扱い商品のアイテム数は約500点から1,000点に増えた。

 売上は830万円の目標を大きく上回る1千100万円を記録。この内、物産の売上は820万円で、売れ行きベスト3は「鳥めし弁当(竹)」(登利平、710円)、「焼きまんじゅう」(原嶋屋総本家、日赤前田中屋、580円~)「旅がらすゴールド」(旅がらす本舗清月堂、1,286円)。

 テラス席を備えたフードコートではピザ(680円~)、ヌードル(780円~)、コーヒー(280円)、生ビール(580円)、ハイボール(480円)などが楽しめる。

 好調の要因は取扱い商品が増えたこともあるが、「居場所」ニーズを拾えた。心残りがあるとすれば、名称が高崎・問屋町にある多目的ホール「Vento Takasaki(ビエント高崎)」と同じこと。

 営業時間は8時~20時。フードコートは10時30分~23時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/16(火) 10:35

みんなの経済新聞ネットワーク