ここから本文です

JPRSがインターネットの仕組みをマンガで学ぶ小冊子を全国の中学・高校などに無償配布

5/16(火) 17:06配信

Web担当者Forum

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)の運用を行う日本レジストリサービス(JPRS)は、インターネットの仕組みをマンガで学ぶことができる小冊子「ポン太のネットの大冒険~楽しくわかるインターネットのしくみ~」を全国の中学・高校・高専に無償配布する、と5月15日発表した。希望する教育機関から6月30日まで専用ウェブサイトで申し込みを受け付ける。インターネット教育支援活動の一環となり、情報通信の普及・振興を目的にする「情報通信月間」(5月15日~6月15日に)合わせて実施する。

生活に欠かせないツールになったインターネットについて若年層に正しい知識を持ってもらうことを目的にする。8年目となり、これまで20万冊を配布し、多くの教育機関で教材に採用されている。インターネットの住所を表すドメイン名や、ドメイン名とIPアドレスの関係、ドメイン名からIPアドレスを特定するDNSの役割、ドメイン名の種類や違いなどを解説している。今回は、情報を安全にやり取りできる通信手段「https」に関する記述を加えて改訂した。小冊子は、PDF形式でダウンロード・閲覧することもできる。

最終更新:5/16(火) 17:06
Web担当者Forum