ここから本文です

住民投票実施へ署名活動を開始 神栖防災アリーナ

茨城新聞クロスアイ 5/16(火) 8:00配信

神栖市が同市木崎に建設中の「神栖中央公園防災アリーナ(仮称)」を巡り、事業推進に反対する市民団体「かみす市民の会」が14日、市内で決起集会を開き、事業規模見直しの賛否を問う住民投票の実施を目指して署名活動を開始した。

集会には市民ら約350人が参加。同会共同代表責任者の伯耆進さん(68)は「規模を縮小して既存施設を有効活用し、財源を医療改善に充てるべき」などと訴えた。

同会は署名集めに必要な請求代表者証明書の交付を受け、来月12日までの1カ月間で署名活動を行う。住民投票条例制定の請求には、同市の有権者(3月2日現在7万6483人)の50分の1に当たる1530人以上の署名が必要となる。

茨城新聞社

最終更新:5/16(火) 15:03

茨城新聞クロスアイ