ここから本文です

元野村トレーダーを提訴=「不動産商品で不正」―米SEC

時事通信 5/16(火) 6:25配信

 【ニューヨーク時事】米証券取引委員会(SEC)は15日、野村ホールディングスの元トレーダー2人が商業不動産担保証券(CMBS)の不正取引を行ったとして、証券取引法などの違反でニューヨーク州の連邦地裁に提訴したと発表した。

 
 2人は野村ニューヨーク拠点のCMBS部門の元現地採用幹部。2010年から14年にかけて、CMBSの価値を高く見せかけて顧客に売り付け、75万ドル(約8500万円)を超える不正利益を得ていた。

 1人はすでに罰金など約21万ドルの支払いで合意済み。裁判では今後、残る1人の不正行為について争われる。 

最終更新:5/16(火) 6:30

時事通信