ここから本文です

眞子さま婚約へ 兵庫でも祝福の声「幸せな家庭を」

神戸新聞NEXT 5/17(水) 8:40配信

 秋篠宮家の長女眞子さま(25)が婚約されるというニュースに、兵庫県内からも喜びの声が上がった。

【写真】秋篠宮さまと眞子さま

 秋篠宮ご夫妻は2005年秋、コウノトリの野生復帰の第一歩として豊岡市で開かれた放鳥式典に参加され、14年に同市であった「コウノトリ未来・国際かいぎ」には眞子さまも出席された。県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)の元飼育長、松島興治郎さん(75)は「長年、秋篠宮家には応援していただいている。但馬では眞子さまの姿もお見かけすることができた。幸せなご家庭を築いていただきたい」と喜んだ。

 「婚約相手が大学の同級生と聞いて親近感が湧いた」とは、神戸ハーバーランドでデート中の大学生(19)同士のカップル。「25歳という年齢もちょうどいいので憧れます」

 眞子さまと同じ1991年生まれの会社員(26)=尼崎市=は「これまで(眞子さまの)交際に関する話を聞いたことがなかったので驚いた。良い方と出会われたのだと思う」と祝福した。

 昨年9月、秋篠宮ご夫妻は「敬老の日」発祥の地とされる兵庫県多可町の式典に出席され、多可赤十字病院も視察。ご夫妻と接した森本敦子看護部長(57)は「穏やかなご両親に育てられ、きっとすてきなお嬢さま。明るいニュースで病院のお年寄りも元気になるはず」と喜んでいた。

最終更新:5/17(水) 12:06

神戸新聞NEXT