ここから本文です

通帳や印鑑不要、群銀がネット支店

産経新聞 5/16(火) 7:55配信

 群馬銀行は、6月をめどにインターネット支店を開設する方針を示した。斎藤一雄頭取は「窓口業務でタブレットを使用するなど金融機関でもIT(情報技術)を活用している。今後も積極的に取り組んでいく」と話した。

 インターネット支店は店舗に出向かず印鑑や通帳も不要で口座を開設でき、365日、24時間、スマートフォンなどで取引ができる。

 みずほや三菱東京UFJなどメガバンクのほか、千葉や足利など地銀も開設し、千葉銀では運転免許証をスマホで撮影して本人確認を行うだけで口座を開設でき、各種ローンの申し込みや投資信託取引などを行っている。群銀も今後、詳細を詰める。

最終更新:5/16(火) 7:55

産経新聞