ここから本文です

美容業界で人工知能「SENSY」活用、マーケティングサービスを展開

アスキー 5/16(火) 12:17配信

カラフル・ボードが協和と事業提携し、人工知能「SENSY(センシー)」を美容業界においてサービス展開すると発表した。

 カラフル・ボードは5月16日、協和と事業提携し、人工知能「SENSY(センシー)」を美容業界においてサービス展開すると発表した。
 
 SENSYは自然言語処理、画像解析技術などを組み合せ、1人ひとりの感性を個別に解析するディープラーニング技術だ。これまでマーケティングや需要予測、レコメンドエンジン、チャットボットサービスなどを、ファッション業界や食品業界向けにサービス提供してきた。
 
 今回、SENSY技術を美容・健康食品業界へ応用。協和のサービス品質向上を目指したさまざまな取り組みがスタートする。第1弾として、マーケティング領域で「パーソナライズDM」「SENSY bot」の2つのサービスを提供する。
 
 パーソナライズDMは、協和が保有するデータをSENSYに学習させ、ユーザーに合った商品やキャッチコピー、口コミコンテンツを選択・提案するサービス。画一的で売り手主導のダイレクトメールから脱却し、ユーザー視点に立った販促が実現するとしている。5月下旬に開始予定。
 
 SENSY botは、カラフル・ボードのパーソナルチャットボット。協和が培ってきた業界の知識・ノウハウを活用し、美容・健康食品分野における対話エンジンを共同開発する。ユーザーの抱える悩みを聞き出し、最適な解決策を提案するチャットボットサービスを展開していくという。
 
 
文● 山口/ASCII

最終更新:5/16(火) 12:17

アスキー