ここから本文です

【全米映画ランキング】「ガーディアンズ」続編がV2 ガイ・リッチー版「キング・アーサー」は3位

映画.com 5/16(火) 15:00配信

 [映画.com ニュース]17年サマーシーズン2週目の全米ボックスオフィス。3本の新作がランクインするも、前週大ヒットスタートを切った「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」が約6520万ドルの興収で首位を守り、V2を果たした。

【全米映画ランキング】1~10位まではこちら

 同作の10日間の累計は約2億4800万ドル。約3億3300万ドルを稼いだ前作超えは確実だが、4億ドル超えはかなり厳しくなってきた。

 初登場2位は、母の日に合わせて公開されたエイミー・シューマー&ゴールディ・ホーン主演のコメディ「Snatched」。恋人と中米エクアドルへのバケーションを計画するも直前に別れてしまったため、娘は仕方なく母親を連れて行くが犯罪に巻き込まれてしまい……という内容。新旧の人気コメディエンヌの競演だったが、レビュー・興行ともに振るわず、オープニング興収約1950万ドルというやや期待はずれなスタートとなってしまった。監督は「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レビン。

 OP興収約1530万ドルで3位デビューとなったのは、ガイ・リッチー監督の新作アクションファンタジー「キング・アーサー」。「エクスカリバー」(81年/ジョン・ブアマン監督)、「トゥルーナイト」(95年/ショーン・コネリー&リチャード・ギア主演)、「キング・アーサー」(04年/アントワン・フークア監督&クライブ・オーウェン主演)などハリウッドでも約10年おきに大作映画化される「アーサー王」の物語。今作では「パシフィック・リム」のチャーリー・ハナムを主演にアーサー王の「誕生秘話」が描かれる。共演にはジュード・ロウ、エリック・バナ、ジャイモン・フンスーに元サッカー選手のデビッド・ベッカムなどを揃えた。

 その他8位には、ヒットメーカーのブライアン・グレイザー(「8 Mile」「ダ・ヴィンチ・コード」)とジェイソン・ブラム(「スプリット」「セッション」)がプロデュースしたドラマ「Lowriders」がランクイン。現代のイーストLA(ロサンゼルス)で暮らすメキシコ系アメリカ人父子の葛藤が描かれる。出演はメキシコの名優デミアン・ビチルに、エバ・ロンゴリア、「猿の惑星: 聖戦記」にも出演するガバリエル・チャバリアなど。

 今週は、巨匠リドリー・スコットが再びメガホンをとった大ヒットSFシリーズ最新作「エイリアン: コヴェナント」などが公開となる。

最終更新:5/16(火) 15:00

映画.com