ここから本文です

東京ジョイポリスで「おそ松さん」コラボ開催中、リア充の脅威に挑む謎解きイベント、6つ子にちなんだフード、オリジナルグッズなど満載

IGN JAPAN 5/16(火) 12:05配信

東京ジョイポリスで「おそ松さん」コラボ開催中、リア充の脅威に挑む謎解きイベント、6つ子にちなんだフード、オリジナルグッズなど満載 - Part 1

第2期の放送も決まって盛り上がりを見せているテレビアニメーション「おそ松さん」人気。CAセガジョイポリスが運営する東京・お台場の屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスでは7月2日まで、場内のアトラクションや飲食施設、グッズ売り場で「おそ松さん」とのコラボレーション、「おそ松さん in JOYPOLIS」を展開中だ。5月20日からは土日限定で謎解きイベント「おそ松さん謎解きゲーム リア充の脅威からの脱出 in JOYPOLIS」もスタート。15日にはテレビアニメの主題歌を歌ったアイドルユニットのA応Pが駆けつけ、大々的なコラボの見どころを紹介した。
赤塚不二夫さんの漫画「おそ松くん」を原作に、成長した6つ子たちが働きもせず彼女もできないままニート暮らしをしている姿を描いて評判となったテレビアニメ「おそ松さん」。半年間の放送は東京では2016年3月で終わったが、今も人気は続いており、第2期の放送も決まって、これからの盛り上がりも期待されている。


東京ジョイポリスでは5月8日からアトラクションやグッズなどでコラボをスタート。5月20日から土日限定で謎解きゲーム「おそ松さん謎解きゲーム リア充の脅威からの脱出 in JOYPOLIS」をスタートさせて、本格的なコラボに突入する。この謎解きゲーム、カップルなどリア充が大勢やってくる東京ジョイポリスで、おそ松たちと同じ非リア充の身分となって場内に設置された謎に挑み、クリアしていくといった内容。クリアすれば全6種あるイベント用描き下ろしイラストが使われたバッジから、土曜日の公演ではおそ松、カラ松、チョロ松から1つ、日曜日の公演では一松、十四松、トド松の3種類から1つを受け取れる。クリアできなかった場合は「ざんねんバッジ」がもらえる。参加特典としてクリアファイルもついてくる。


料金は前売りがイベント参加券2500円、イベント参加券+パスポート+ノベルティ(ジョイポリス入場料込)が大人5900円、小中高生4900円、当日はイベント参加券2800円、イベント参加券+パスポート+ノベルティ(ジョイポリス入場料込)が大人6200円、小中高生5200円で、当日券は前売券に在庫があった場合にのみ販売する。詳細はこちらで。


本格コラボのスタートを前に、15日には「おそ松さん」でオープニング曲の「はなまるぴっぴはよいこだけ」「全力バタンキュー」を歌っているA応Pが来場してコラボをPRした。メンバーの広瀬ゆうきさんは、さまざまなコラボの中で、音楽に合わせてボードが半円の中を上下するアトラクション「ハーフパイプトーキョー」を紹介。コラボ期間中、「おそ松さん」の楽曲や、広瀬さんが推すおそ松の撮り下ろしボイスが楽しめるようになっており、「成功すると褒めてくれるんです」と喜んでいた。


場内のいたるところで「おそ松さん」とのコラボが行われている東京ジョイポリス。メインステージではモニターを使って第1期「おそ松さん」の主題歌PVやダイジェスト映像を投映して作品を振り返り、ファンに楽しんでもらっている。占いアトラクション「フォーチュンフォレスト」ともコラボしており、占いの結果が書かれた用紙が「おそ松さん」仕様になっている。
ホストやキャバ嬢の適正があるかを診断する「ローラとカーラの美嬢面接」ともコラボしていて、診断結果でホスト2万円以上、キャバ嬢2万2000円以上の指名料が出た人には、6つ子(とトト子)のオリジナルブロマイドをランダムで1枚プレゼントする。場内にあるモニターに自分を映すと、6つ子たちに関連した絵と、撮り下ろしのおそ松ボイスが流れるデジタルコンテンツも設置してある。


コラボといえばフードやドリンクも大きな魅力。フレームカフェでは「おそ松お兄ちゃんの特製あんかけ焼きそば」、「カラ松と呑みたい(ウィスキーに見立てた)麦茶セット」、「チョロ松おすすめ まるごと梅ソーダ」「一松とまったり 紫いものどら焼きサンド」、「十四松とハッスル! グレープフルーツジュース」、「トド松のリア充風!? アボカドチーズのタコライス」を用意。注文には7種類あるクリアコースターから1種類がランダムでついてくる。



ソーダの上に粒状のアイスが乗ったカラーフロートでもコラボを実施。「トド松ソーダ」はバニラアイスとピーチソーダの組み合わせで、ほかにもバニラアイスといちごソーダが組み合わさった「おそ松ソーダ」、バニラアイスとメロンソーダの「チョロ松ソーダ」などがある。

ゲームの景品やグッズコーナーでの販売アイテムもさまざまなコラボが用意されている。カーニバルゲーム3機種が「おそ松さん」仕様になっていて、当たりによって連結アクリルチャームやマスキングテープなどがもらえる。A応Pのメンバーは、給料袋とお札をモチーフにした「給与風おつまみシート」に興味を惹かれていた。各地で開催されてきた「おそ松さん」コラボには仕事以外でもよく顔を出しているというA応P。東京ジョイポリスにも、メンバー4人がそれぞれ時間を作ってのぞきに来たいと話していた。
「おそ松さん

東京ジョイポリスで「おそ松さん」コラボ開催中、リア充の脅威に挑む謎解きイベント、6つ子にちなんだフード、オリジナルグッズなど満載 - Part 2

in JOYPOLIS」の詳細は公式サイトで確認できる。東京ジョイポリスは営業時間が10時から22時まで、最終入場21時15分、入場料は大人(18歳以上)800円、小中高生500円、パスポート(入場+アトラクション乗り放題)が大人(18歳以上)4300円、小中高生3300円。


「おそ松さん in JOYPOLIS」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

谷口隆一

最終更新:5/16(火) 12:05

IGN JAPAN