ここから本文です

姫路城前にべジタブルキッチン 播磨の野菜で姫路を盛り上げる /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 5/16(火) 9:00配信

 姫路城正門近くの「cafe & vegetable kitchen 太陽ト北風」(姫路市本町 イーグレひめじ内、TEL 079-287-2233)がオープンして約1カ月がたった。
(姫路経済新聞)

 席数はテーブルのみ42席で、店内はパステルグリーンで統一した。

 店名の由来は「一つの物事をさまざまな視点で見ていけるように」という思いから、ひらめきで名付けたと料理長の林直秀さんは話す。

 メニューは、日替わりランチプレート(1,200円)、ベジタブルエッグ&ツナ(950円)、アボカドのタルタルベジタブル(1,000円)など、播磨の契約農家から仕入れた野菜を中心にメニューを構成する。

 ドリンクは、有機栽培のブレンドコーヒー(400円)、カフェラテ(430円)、ショコラテ、ベリーソーダ、ライムソーダ、レモンスカッシュ(以上450円)、キャバメルバナナジュース、ミックスジュース(以上500円)などを提供する。

 林さんは「姫路城の前ということもあり、観光客に姫路に来て良かったと言ってもらえるように地元産を使った料理を今後も提供をしていきたい」と話す。「姫路を盛り上げるイベントを開催するなど、地元の皆さんとコラボして工夫していきたい」とも。

 営業時間は11時~16時。

店内の様子

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/16(火) 9:00

みんなの経済新聞ネットワーク