ここから本文です

【オーストラリア】LNGと牛肉輸出に悪影響も 米中貿易合意で豪NZに

NNA 5/16(火) 11:30配信

 オーストラリア産液化天然ガス(LNG)と牛肉の対中国輸出が、米国が中国と貿易の不均衡是正に向けた具体策について合意したことから、悪影響を受ける恐れが浮上している。中国が合意した「100日計画」により、米国に対してLNGと牛肉の輸出を開放するからだ。ニュージーランド(NZ)も戦々恐々としている。
 オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューによると、コンサルタント会社ウッド・マッケンジーのカボニッチ氏は「米国産LNGの中国への輸出が可能になったことは、LNGの価格に値下げ圧力を加えるもの」と指摘し、オーストラリアが中国と既に結んでいるLNG輸出について、価格の見直し機運をもたらすと述べた。
 また、農業関連サービス会社エルダーズで中国部門を統括するアルダス氏は「オーストラリアの牛肉生産者に大きな影響を与える」と述べた。中国は狂牛病への懸念から2003年以来、米国の牛肉輸入を禁止していた。
 中国はほかに、米国を拠点とする格付け機関やクレジットカード会社に中国市場を開放する。
 ■豪発行の中国メディア管理を批判
 このほど退任するオーストラリア国防省のリチャードソン秘書官は、オーストラリアの今後について、中国との関係を強化すべきと指摘。ただ、中国政府がオーストラリアの中国人社会への監視を行っており、オーストラリアで発行される幾つかの中国語メディアを管理していると批判した。

最終更新:5/16(火) 11:30

NNA