ここから本文です

SUPER JUNIORのYESUNGが日本2ndシングルを発売、村上龍が初めて詞を手掛けた楽曲も

エキサイトミュージック 5/16(火) 12:30配信

SUPER JUNIORのメンバーYESUNGが日本2ndソロシングルとなる両A面『Splash/愛してるって言えない』を6月28日にリリースすることが決定した。

今作は、SUPER JUNIORらしいポップなダンスナンバーとバラードソングを収録した、豪華な一枚。「Splash」は、“ハジける”“飛び散る”大人のパーティーソング。

2曲目に収録の「愛してるって言えない」は、『限りなく透明に近いブルー』『コインロッカー・ベイビーズ』『半島を出よ』など数々の名作を生み出し、経済トーク番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京)でホストとしても活躍中の作家・村上龍が海外アーティストに初めて作詞を提供したバラードソング。「愛してる」という言葉が簡単に使われてしまう現代でどこか「愛してる」という言葉が軽くなってしまうことがある。また、自分の大事な人達への“感謝”を「愛してるって言えない」というより重く、大切に考えているという気待ちの伝わる一曲になっている。「愛してる」という言葉の裏にある深く複雑な人の気持ちを綴った村上龍ワールドを、イェソンのハスキーな歌声でお届けする。

なお、東京、大阪、名古屋全国3か所でサイン会も決定。詳細はオフィシャルサイトを参照のこと。また、6月からは、自身2度目となる全国ツアーもスタートする。

■■イェソン コメント
今回、村上龍さんに歌詞を提供していただけると聞いた時は、大変驚きました。
「愛してる」という言葉の意味の深さを感じながらレコーディングをしました。
大人のラブソングだと思います。
世代を超えて多くの方に聴いていただきたいです。

「Splash」は初夏をイメージしたSUPER JUNIORらしいダンスナンバーです。
今までのソロ曲はバラードが多かったのですが、この曲はライブでもぜひ盛り上がってほしいです。

■■村上龍氏 コメント
国内外問わず、作詞は、ほとんど、まったくと言っていいほど、やっていません。
イェソンに歌詞を提供しようと決めたのは、友人である松浦さんをはじめ、avexへのリスペクトと、あとはもちろん彼の、歌唱力と、その声に、魅了されたからです。
イェソンの声は、かすかにハスキーで、陰影に富み、かつ明るさもあり、希有なものだと思います。

歌詞は、あっという間に、10数分で、書きました。
ずっと思っていたことがあって、それは、「愛してる」という言葉が氾濫しているけど、実際、人の気持ちというのはもっと複雑で深いのではないか、ということです。
それを歌詞にしようと思いました。

イェソンにぴったりのテーマで、いい感じのラブソングになるという予感がありましたが、実際に出来上がった曲を聞いて、自分は間違っていなかったと、満足しています。

最終更新:5/17(水) 12:15

エキサイトミュージック