ここから本文です

チェルシーが打ち合い制す 退団発表のテリーが先制弾/プレミア

ISM 5/16(火) 10:15配信

 イングランド・プレミアリーグは現地時間15日に1試合が行なわれ、首位チェルシーは15位ワトフォードとの打ち合いを4対3で制した。

 前週ウェストブロムに勝利し、プレミア制覇を達成したチェルシー。優勝決定後、ホーム凱旋となったこの試合では、前週の試合からメンバー9人を変更。今季を最後にクラブを退団することを発表している主将のテリーが先発メンバーに名を連ねた。

 すると22分、テリーがCKのこぼれ球を押し込んだ先制点を挙げる。サポーターは、愛するキャプテンのゴールに熱狂する。しかしその2分後、テリーがボックス内で痛恨のクリアミス。これをキャプエに直接押し込まれてチェルシーは同点に追い付かれた。

 すると、ここからは点の奪い合いに。36分にアスピリクエタ、49分にバチュアイがゴールを挙げてチェルシーが突き放すも、ワトフォードは51分、74分と2点を奪い返して食い下がる。しかし、終了間際の88分に途中出場のセスクが勝ち越し弾を挙げて、チェルシーが派手な打ち合いを制した。(STATS-AP)

最終更新:5/16(火) 10:15

ISM

スポーツナビ サッカー情報