ここから本文です

トランプ米大統領、「単身赴任」解消=バロン君、首都付近の学校へ

時事通信 5/16(火) 6:48配信

 【ワシントン時事】米ニューヨークの私立校に通っていたトランプ大統領の三男バロン君(11)が新学年となる今秋から、首都ワシントンに隣接するメリーランド州の私立校に入学することが決まった。

 ワシントン・ポスト紙(電子版)などが15日、報じた。バロン君は母のメラニアさんと夏にホワイトハウスに引っ越す予定で、これにより、大統領の「単身赴任」生活は解消される。

 ポスト紙によると、バロン君が入学するのは男女共学の進学校。学校周辺で抗議デモなどが発生することを懸念し、夏まで公表を控える計画だったが、うわさを知った児童・生徒の親から問い合わせが相次いだため、15日に保護者にお知らせの手紙を出した。バロン君の学費は年4万ドル(約450万円)だという。 

最終更新:5/16(火) 8:58

時事通信