ここから本文です

“酸欠少女”さユり、19日(金)開催の路上ライブは「バスタ新宿前」

エキサイトミュージック 5/16(火) 14:15配信

「平行線」「ミカヅキ」「それは小さな光のような」の“ノイタミナ”アニメED曲や、RADWIMPS・野田洋次郎、楽曲提供&プロデュース曲「フラレガイガール」、モード学園CM曲「十億年」など豪華収録曲で話題の1stアルバム『ミカヅキの航海』をいよいよ5月17日に発売する“酸欠少女”さユり。“酸欠世代の象徴”として、その歌声と活動が話題の中、先日さユりのTwitterより、5月19日(金)18時30分から新宿某所にて路上ライブをすることが発表され、ファンの間では様々な憶測が流れ話題となっていた。その場所が、JR新宿駅新南改札正面の、バスタ新宿前「Suicaのペンギン広場」であることが本日発表された。

新宿は、かつてさユりが路上ライブをしていた、さユりにとって原点とも言える場所。数々の路上ライブと、デビューシングル「ミカヅキ」を始め数々のミュージックビデオでも登場してきた、さユりにとって“過去と未来をタイムリープ”する場所であり、そして、“それでもの先”への道標となる場所。

その聖地新宿で、さユりのデビュー後に完成した、新宿から各地へパラレルに伸びていく、新宿の過去と未来の象徴とも言える“バスタ新宿”前の「Suicaのペンギン広場」にて、約1年3ヶ月ぶりの路上ライブを開催する。路上ライブは、進化・変化を続けるさユりの始まりの場所であり、“酸欠少女”さユりの原点となる場所。この“始まりの路上ライブ”の記念すべき地である新宿でのライブ、ぜひ足を運んでみよう。

最終更新:5/17(水) 13:45

エキサイトミュージック