ここから本文です

中央アジア、「陸のハブ」へ 中国、カザフと経済特区 ドバイ手本、一帯一路の拠点に

朝日新聞デジタル 5/16(火) 16:00配信 有料

 中国が主導する「シルクロード経済圏構想(一帯一路)」は、巨大な港の整備が進む海路だけでなく、中央アジアの陸路でも道路や鉄道、経済特区の整備が進んでいた。ロシア経由で欧州、イラン経由で中東各国に通じる物流ルートも開拓されている。一帯一路は、中国の経済力をてこに、発展を渇望する国を取り込む狙いも鮮明になっている。▼3面参照

 小型バスに押し寄せた人々が、大きな荷物をドアから積み込んでいく。すでに乗客と積み荷であふれんばかりだが、やめる気配は無い。たまらずバスがドアを開けたまま発車した。
 中国と国境を接する中央アジア・カザフスタンの東端の街。……本文:3,722文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:5/16(火) 16:00

朝日新聞デジタル