ここから本文です

<鳥取県教委>小学校の水泳飛び込み原則禁止に  

毎日新聞 5/16(火) 9:08配信

 鳥取県湯梨浜町立小学校で水泳の課外授業中に起きた飛び込み事故を受け、県教委は15日、公立小での飛び込み指導を原則禁止すると市町村教委に通知した。ただ、競技団体などに配慮し、必要な講習を受けた教員などには例外的に指導を認めることにした。

 県教委は当初、水深が比較的浅い小学校のプールでは児童の安全が確保できないとして、飛び込み指導を全面禁止にする方針を競技団体などに示していた。だが、各地で開催される大会では飛び込みによるスタートが導入されている実情を踏まえ、例外を設定。県水泳連盟の専門家による講習を終えた場合に限り、指導を認めることにした。

 教育現場でのスポーツ事故に詳しい名古屋大大学院教育発達科学研究科の内田良准教授(教育社会学)は「(全面禁止とした)当初案より後退した印象。指導のあり方ではなく、プールの水深が浅いという構造上の問題が理解されていないように思う」と指摘。一方、県水連は「飛び込みスタートがない大会は考えられない。学校で指導できる手段が残されて良かった」との見解を示した。

 講習会は6月、県内で計5回実施する予定。【李英浩】

最終更新:5/16(火) 9:27

毎日新聞