ここから本文です

小中学生に世界の走り 千葉真子さんが指導 島田

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/16(火) 8:04配信

 島田市の「第9回しまだ大井川マラソンinリバティ」実行委員会は14日、大会アドバイザーで世界選手権マラソン銅メダリストの千葉真子さんを講師に招いたランニング教室を市陸上競技場で開いた。

 市内の小中学生約200人が参加した。千葉さんは、子どもたちに腕の振り方やスタートの体勢などを指導し、競技場を走ってフォームを確認した。千葉さんは参加者に「何か一つ一生懸命になれることを見つけてほしい」とアドバイスを送った。男子児童(8)は「走り方を教えてもらった。運動会が近いので、1等を目指したい」と笑顔を見せた。

 同大会実行委は6月18日にも、高校生以上のランナーを対象に千葉真子さんのランニング教室を開く。参加費千円。定員は先着100人程度。問い合わせは市観光課<電0547(36)7399>へ。



 ■22日から市民先行エントリー

 島田市で10月29日に開催される「第9回しまだ大井川マラソンinリバティ」(同実行委員会主催、静岡新聞社・静岡放送共催)の市民先行エントリーが22日正午から始まる。一般エントリーは6月1日から30日まで。

 参加資格と参加費はフルマラソンが18歳以上(高校生の申し込み不可)で7500円。10キロの部は15歳以上(中学生不可)で4000円(高校生3000円)。定員はフルマラソン8000人、10キロの部1200人。定員に達し次第募集を締め切る。申し込み方法は大会公式ホームページに掲載している。

静岡新聞社

最終更新:5/16(火) 8:04

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS