ここから本文です

<青木志貴の魔王式随想>“同居にゃん”との馴れそめ

まんたんウェブ 5/16(火) 21:30配信

 人気ゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の二宮飛鳥役などで知られる新人声優の青木志貴さん。自身を「ボク」と呼ぶ“ボクっ娘”で、“魔王”のニックネームで「League of Legends」などのオンラインゲームをがっつりやり込むコアゲーマーという異色の経歴も併せ持つ青木さんが、その独自の視点で自身の歩みやさまざまな思いを語ります。

【写真特集】可愛いにゃんこがいっぱい!

 ◇

 春がきたー!と思っていたら、もう既に夏のような気温の日が続きますね。年々春が短くなっているような気がします。夏の暑さが苦手なボクは、いつも以上に引きこもりになるんだろうなぁ(笑い)。

 皆さんは生きていく中で、これがあるから頑張れる!とか、このために生きているといっても過言ではない!といった存在ってありますか? ボクにとっての生きがいは、一緒に暮らしているにゃんこたちの存在です。

 今、わが家はボクと「ゆん」と「どらごん」の3人(?)暮らし。もちろん今は自分のやりたい仕事ができていて、そういった意味では本当にありがたいなぁと感じているのですが、やりたいことをやっていても、失敗したり、落ち込んだりするときがあります。わがままですが、つらいときはもう辞めたいと思ったりすることもありました。

 そんなときでも、生きていくために頑張らなきゃ、もっと仕事を頑張らなきゃと自分を奮い立たせてくれて支えてくれる存在がゆんとどらごんの2匹です。この子たちのために自分が生きているといってもよいくらい、溺愛しております(親バカ過ぎて引かれるほどに)。

 ゆんはラガマフィンという種類の猫です。今の家に引っ越してくる前、ボクは女性と2人で暮らしていました。そのころも「よる」という名前のアメリカンカールの猫を飼っていたのですが、友人と別々に暮らすことになったときに激しい親権争い(?)が起きまして……。その末に、よるちゃんは友人が引き取ることになったんです。

 そしてボクは今の家に引っ越してきたのですが、元々動物大好き、猫大好きのボクは、にゃんこのいない生活が寂し過ぎてどうしようもありませんでした。

1/4ページ

最終更新:5/16(火) 23:06

まんたんウェブ