ここから本文です

非アクティブタブの内容を覗き見できる機能を追加 ~「Notepad++」v7.4が公開

Impress Watch 5/16(火) 8:47配信

 テキストエディター「Notepad++」の最新版v7.4が、14日に公開された。今回のアップデートでは、“Document Peeker”と呼ばれる新しい機能が搭載されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 “Document Peeker”は、アクティブでないタブへマウスカーソルを移動させたときに、タブの下へサムネイルを表示してその内容をプレビューできるようにする機能だ。開発チームによると、「Microsoft Edge」に搭載されている機能に感銘を受け、図々しくもそのまま盗んだのだという。

 本機能が不要な場合は、[設定]-[環境設定]ダイアログの[その他]画面にある“Document Peeker”セクションで無効化することも可能。また、ドキュメント全体ではなく、“文書マップ”における表示をプレビューするように設定することもできる。

 「Notepad++」は、オープンソースで開発されているプログラマー向けのテキストエディター。実行速度を重視したコンパクトなサイズながら、幅広いプログラミング言語をサポートしたコード補完機能とシンタックスハイライト機能を備えており、海外のプログラマーを中心に幅広い支持を受けている。寄付歓迎のフリーソフトで、現在本ソフトの公式サイトからダウンロードできる。

ソフトウェア情報「Notepad++」【著作権者】Notepad++ team【対応OS】Windows(編集部にてWindows 10で動作確認)【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】7.4(17/05/14)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:5/16(火) 8:47

Impress Watch