ここから本文です

ウォン・カーウァイの特集上映がBunkamura ル・シネマで開催決定

CDジャーナル 5/16(火) 18:31配信

 東京・渋谷 Bunkamura ル・シネマで上映中のドキュメンタリー映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」。ファッション業界最大のイベント〈メットガラ〉に迫った本作に、香港を代表する映画監督ウォン・カーウァイが出演していることをうけ、5月27日(土)よりBunkamura ル・シネマにてカーウァイ作品を上映する〈「メットガラ ドレスをまとった美術館」公開記念 ウォン・カーウァイ特集〉が開催されます。

 特集上映される作品は、クエンティン・タランティーノが賞賛したカーウァイの代表作『恋する惑星』(1994年)、5人の男女の恋と青春を描いた『天使の涙』(1995年)、アルゼンチン・ブエノスアイレスを舞台に、男同士のラブ・ストーリーを綴り第50回〈カンヌ国際映画祭〉監督賞を受賞した『ブエノスアイレス』(1997年)、トニー・レオンが第53回〈カンヌ国際映画祭〉で男優賞を受賞した『花様年華』(2000年)の4作品。いずれもカーウァイ作品ではおなじみのカメラマン、クリストファー・ドイルが撮影を担当しています。上映スケジュールの詳細はオフィシャル・サイトをご覧ください。

最終更新:5/16(火) 18:31

CDジャーナル