ここから本文です

富士フイルム、再生医療ベンチャー出資

SankeiBiz 5/17(水) 8:15配信

 富士フイルムは、10日付で再生医療ベンチャーのレグセル(京都市上京区)の第三者割当増資を引き受け、同社に1億7000万円を出資した。また4月には、同社と再生医療製品の開発支援を行う業務提携契約を結んだ。富士フイルム子会社のジャパン・ティッシュ・エンジニアリングを通じて、レグセルから細胞培養プロセスの開発などを受託する。レグセルは2016年1月に設立。京都大学との共同研究により基礎技術の開発を進め、自家制御性T細胞および他家iPS細胞(人工多能性幹細胞)由来のキラーT細胞を使った免疫細胞療法の実用化を目指している。特にキラーT細胞を使ったがん治療は、高い効果が見込まれており、早期の実用化への期待が高まっている。

最終更新:5/17(水) 8:15

SankeiBiz